ひまわり旅日記

ひまわり旅日記

訪韓100回を目指す旅好き。韓国、旅行、美容、グルメなどを紹介

エリザベートも愛した名店でハンガリー料理

ハンガリーと聞くと、何を思い浮かべますか?
ドナウ川の真珠と言われる首都・ブダペストや、クラシック好きであれば「ハンガリー舞曲」「チャルダッシュ」などでしょうか?
私が思い浮かべるのは、「美食の国」「グヤーシュ」です。

中欧をめぐった時に、ダントツにごはんがおいしかったのがハンガリーでした。
街は美しいし、何を食べても美味だし、一気に好きな国になりました。
そんな思い出の美味を求めて、表参道のハンガリー料理の店に行ってきました。

エリザベートも通ったブダペストの名店「GERBEAUD(ジェルボー)」

f:id:himawaridiary:20190421200004j:plain

ブダペストで150年以上の歴史を誇るカフェ「GERBEAUD」。
あのエリザベート皇妃もよく訪れ、彼女の名前を冠したお菓子まであるほど。
このカフェの海外1号店が、表参道にあるのです。

ランチのグヤーシュセット

f:id:himawaridiary:20190421200203j:plain
f:id:himawaridiary:20190421200231j:plain

行ったのは平日の昼時で、グヤーシュのセットを注文しました。
まずは前菜とパンが出てきます。
パンはフォカッチャやナンのようにふわっとしていて、
チーズとガーリックがアクセントになっていました。

f:id:himawaridiary:20190421200606j:plain

そしてお待ちかねのグヤーシュ!
グヤーシュはシチューのようなもので、牛肉と野菜の煮込みです。
スープの赤色はトマトとパプリカだと思います。
ハンガリー料理はパプリカを多用するのが特徴のようです。
スープはとても具だくさんで、じゃがいも、ごぼう、セロリ、たまねぎ、ピーマンなどが入っていて、とてもヘルシー!

中欧の気分を味わえる、すてきなお昼でした。


■GERBAUD
港区北青山3-11-7 AO2F

ノートルダムの火災に思う

朝からテレビで流れていた、ノートルダム寺院の火災映像はショッキングでした。

ついこないだ、「ブラタモリ」でタモさんが訪れていたのに!
かく言う私は、ずいぶん前にパリに行った時に訪問しているはずなんですが、記憶になく…

原因はまだはっきりしていませんが、修復工事=守ろうとして、ミスをしてしまったのだとしたら、なんだかやるせないですね。

韓国の南大門の時は放火が原因でしたので、憤りしかありませんでしたが。

早くすてきな姿を取り戻してほしいものです。


ノートルダムを思って、ミュージカルノートルダムの鐘」の中の1曲、「僕の願い」を紹介します。
日本版の初演で主役を演じたのは、石丸幹二さん。
アニメ版でも吹き替えを担当されているという、珍しいパターンです。

m.youtube.com

弘大の隠れ家的ケーキ屋さん「imi」

前回の韓国のパンの話でちらっと出てきた、日本の製菓学校を出た方がやっているケーキ屋さんの紹介です。

himawaridiary.hatenablog.jp

弘大の静かなエリアに佇む「imi」

f:id:himawaridiary:20190414200059j:plain

お店の場所は弘大駅。にぎやかな通りとは逆方面で、小さなお店や住宅があるのんびりとしたエリアです。
お店は通り沿いの1階で、入口に犬小屋があります。
看板犬でしょうか、コーギーがいる時といない時があります。

木のあたたかな雰囲気のある店内で、コーヒーとケーキをいただきました。
私が頼んだのは、オレンジの皮をそのまま使ったチーズケーキ。
ケーキの甘酸っぱさとコーヒーの苦みがよく合います。

■imi
ソウル特別市麻浦区東橋洞201-10


このエリアは小さなカフェが点在しているので、お散歩がてら寄ってみてはいかが?

韓国のパンはあまりおいしくない?

前回に続き、パンの話です。
himawaridiary.hatenablog.jp

個人的な感想ですが、「韓国のパンはあまりおいしくないなぁ」と感じています。
(韓国のパンの関係者のみなさん、ごめんなさい!)
いくかのお店の比較と、私なりに考えたおいしくない理由を書いてみたいと思います。

ベーカリーチェーン PARIS BAGUETTE(パリバケット

파리바게뜨

韓国中どこでも見かける大手チェーンです。
韓国はカフェが多いですが、コーヒーだけでなくパンも自分で選んで食べられるのがうれしいところ。

日本で言うと、Vie de Franceのような感じでしょうか。
どれを食べてもハズレがないし、朝早くから開いているし、よくお世話になっています。
このVie de Franceと比べると、なんだか食べたいと思えるパンが少ないなというのと、味もふつう・・・

ロッテ百貨店に入っている高級ベーカリー OPS

OPS 옵스 온라인쇼핑몰

OPSは釜山発のベーカリー。ソウルでは、明洞のロッテ百貨店に入っています。
ここはシュークリームがイチオシのようで、その場でクリームを入れてくれます。
フレッシュでさぞかしおいしいだろう!と期待して食べてみましたが、ちょっと皮が硬い・・・。
パリッとしているというより、しけってる感じに近い??
日本のビアードパパがおいしすぎるのだろうか?

ヒョジャベーカリー

www.konest.com


チェーン店、デパ地下と来て、最後は個人店です。
景福宮から徒歩10分ほどのところにあります。
韓国のテレビでも度々紹介されている老舗のパン屋さんです。
名物は、コーンブレッド。
日本のマヨコーンパンのような感じで、マヨネーズで味付けされたコーンやツナが入った惣菜パンです。
買って少し持ち歩いたからか、食べた時にはちょっと油分が多くなってしまっていました・・・。
「素朴で懐かしい」という表現がぴったりなお味でした。

私が思う、イマイチな理由

タイプのちがう3つのお店の感想を書いてみましたが、いずれもひまわり的には日本のVie de Franceのレベルには達していないかなという印象です。

なぜイマイチなんだろう?と疑問を抱えていたある日、気づいたのです!
それは個人で経営しているケーキ屋さんに行った時でした。
お店の壁に日本の製菓学校の卒業証書が飾ってあったのです。
最初は「韓国の人は写真や賞状を飾るのが好きだからなー」と思っていたのですが、
その店には写真は飾っておらず、おしゃれな店内に賞状はちょっと浮いて見えました。

とすると、日本で学んできたというのは、ある種のステータスで、
日本の製菓・製パンのレベルが高いのでは?と思い至りました。

日本でおいしいパンを食べられる幸せを改めて感じる、ひまわりでした。

ちなみに、ひまわりは韓国のカフェのクオリティが高くて、いつもうらやましいな~と思ってます。
それぞれの国ごとに、得意な分野や発展しているものが異なる、ということですね。

食パンじゃなくて、クロワッサン!

最近、高級食パンがブームですね。
シンプルな味だからこそ、その店の実力が問われます。

もうひとつ、そのお店の力量がわかるパンと言えば、クロワッサンです!

今日は気になるパン屋さんをご紹介します。

BOUL'ANGE(ブールアンジュ)

f:id:himawaridiary:20190402133811j:plain

1軒めは、ブールアンジュ。
知り合いの食通の方から、「クロワッサンがおいしいから、食べてみて!」と勧められて以来、買いに行っています。
芳醇なバターの香り、外はパリバリ、中はやわらかな生地がGood!

お値段は180円。新宿、渋谷、池袋、日本橋に店舗があり、お出かけついでに寄れるのもうれしい。

http://boulange.baycrews.co.jp

BOULANGERIE BURDIGALA(ブーランジェリー ブルディガラ)

2軒めは、広尾を歩いていて見つけました。
まるでフランスのお店ような外観が目を引きます。
(写真は今度アップします!)

クロワッサンはパリっとしていて、食感がしっかりある感じ。
チョコの入ったクロワッサンがテレビで紹介されたそうです。

こちらもいくつか店舗があるので、便利です。

www.burdigala.co.jp


他にも米粉を使ったパン屋さんなども気になってます。
行ったらまたレポートします!